弁護士になる

弁護士求人に応募するまでの道のりについて説明します。
まず、中学、高校、大学と出た後に、法科大学へ進学します。
そこで、2年または3年法律について勉強し、司法試験を受験します。
法科大学に入学するには、適正試験を受けなければなりません。
それと、法律に関する知識はどれぐらいのものかを知るための試験も行います。
学校に入学出来れば、法律に関する詳しい知識を学び、知識を身に付けていきます。
求人に応募するためにも、法律に関して正しい知識を身に付ける必要があります。
弁護士になる方法として、中学、高校、大学を出た後に、司法予備試験を受けるという方法もあります。

法科大学で2年、または3年勉強し、修了した後は司法試験を受けることが出来ます。
また、司法予備試験に合格したら、司法試験を受けることが出来ます。
ただし、どちらも受験資格は5年以内と決められています。
弁護士の求人応募を考える人は、この期限に気をつけましょう。

司法試験に合格したら、すぐに求人応募が出来るわけではありません。
合格後は、「司法修習」というのがあります。
司法修習は、弁護士になるために見習いとして研修を受けることです。
以前は、前期修習といって全国から修習生を集めた研修が行われていました。
しかし、現在は前期研修が行われず、すぐに実務研修を行うというのに変わっています。
求人応募を目指す人は、司法試験合格後に実務研修に向けて復習などして対策しておく必要があります。
司法修習後に、2回試験を行います。
このときの試験は、5日間行われ、計5科目の試験があります。

司法修習が終わり、修了試験合格を果たすと、弁護士資格が得られます。
この段階で、弁護士求人を探すことが出来ます。
弁護士求人を探すまでには、長い道のりがあります。
修了試験合格前から、求人を探しておくことで、どんな場所で働けるのか把握出来ます。